既読

LINEを既読つけずに読むには?iphone版!既読をつけない方法3選

Pocket

iPhoneのLINEで友だちからのトーク(新着メッセージ)に既読をつけずに確認します。

LINEでは友だちから新着メッセージを読むと、友だちの端末のLINE上でメッセージ上に”既読”と表示され自分がメッセージを読んだことを友だちが確認できますが、既読をつけずにトークを読むことも可能です。

 

そのため、相手にはメッセージを開いたことを知らせず(=既読をつけず)、内容だけ確認できたら便利ですよね。

そこで本記事では、iOS版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法を紹介します。

 

※記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を例に説明をしています。

 

参照:LINEに既読つけずに読む技!Android版!受信済でも既読つけない方法

iPhone版LINEで既読をつけずに内容を確認する方法

iPhone版LINEで既読をつけずに内容を確認する方法は3通りあります。

  1. 機内モードの状態で確認する
  2. 通知のバナーで確認する
  3. 3D Touchでトーク内容を確認する

それぞれ順番に解説します。

1 機内モードの状態で確認する

iPhoneのネットワークを「機内モード」に切り替えた状態でLINEのトークルームを開く方法です。

受け取ったメッセージ内容は表示される一方で、「既読となった」連絡が相手に送られないため、結果的に「既読をつけずに内容を確認する」が実現します。

「機内モード」をオンにしつつWi-Fiへ接続すると既読がつくため、Wi-Fiはオフにして下さい。

機内モード状態の受信側でメッセージを確認できる一方、送信側に既読はつかない。

ただこのワザには2つ注意点があります。

「機内モード」に切り替えるタイミングはメッセージを受信してから

iPhoneの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られない一方で、相手からの新しいメッセージも受信できなくなります。

 

そのため、新着メッセージを確認したい場合は、一度「機内モード」をオフに戻す必要がありますが、そうすると下記の問題が発生します。

 

「機内モード」をオフに戻すと既読が一斉につく

iPhoneの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られないだけで、受信側のLINEアプリは「既読となった」事実は把握している状態となります。

 

従って、新着メッセージを確認するために「機内モード」を一度でもオフに戻す(=通信環境が元に戻る)と、保留となっていた「既読となった」連絡が一斉に相手に送られてしまいます。

 

以上よりこの方法は、あくまで一時的に「既読をつけずに内容を確認する」ことができるだけで、スマートフォンをずっと「機内モード」にしておくことが現実的でない以上、すぐに相手に伝わってしまう欠点があります。

2 通知のバナーで確認する

LINEでメッセージを受信した際、一時的に画面表示される「通知のバナー」上で内容を確認する方法です。

複数のメッセージが届いても、通知センターよりそれぞれチェックできます。もちろん、この状態で確認すると「既読」はつきません。

設定手順として、「設定」→「通知」のアプリ一覧より「LINE」を選び、

「バナーとして表示」にチェックを入れるだけでOK。

また「ロック画面に表示」をオンにすればロック画面上でも通知バナーをチェックでき、「履歴に表示」をオンにすれば通知センターからメッセージの確認ができるため、どちらも有効にすることをオススメします。

ちなみに「バナーとして表示」の下にある2つのイラストのうち、デフォルトの「一時的」だとLINEのメッセージ通知が届いてから数秒でバナーが消えますが、「持続的」に切り替えると手動で操作しない限り通知が表示され続けるため見逃す心配がありません。

このワザの注意点は下記2つ。

一度でも通知を消すと再確認はできない

画面上に届く「通知バナー」が自動で消えても通知センターから履歴の確認ができますが、一度でも通知の「消去」を実施すると再確認はできなくなります。

LINEのトーク一覧を開いても、各トークルームごと最新のメッセージしか表示されないため、結局LINEを開く(=既読をつける)ことになります。

もし操作ミスでLINE通知を消去してしまった際は、先述した「機内モード」を使ったワザと組み合わせることで、既読をつけずに内容確認することもできます。ぜひ参考にしてみて下さい。

ロック画面を解除せずとも誰でもメッセージを確認できてしまう

先述したiPhoneの通知設定で「ロック画面に表示」をオンにしていると、スリープ状態で通知が届いてもロック画面上の「通知バナー」から既読をつけずに内容確認ができますが、ロック解除をする必要がないため、第三者に見られるリスクもあります。

便利である一方、プライバシー上の懸念もある点は把握した上で設定をして下さい。

3 3D Touchでトーク内容を確認する

以上ここまで紹介した2つの方法は、どちらも共通して次の欠点があります。

  • 機内モードを使った方法:「機内モード」をオフに戻すと既読が一斉につく
  • 通知バナーを使った方法:長文の場合は通知上で全文を確認できない

これはiPhone 6S以降で搭載される「3D Touch」機能を使用して克服できます。

例えば通知バナーに長文のLINEメッセージが届いても、3D Touch(強く押し込む動作)を実施することで専用のウインドウで長い文章も表示ができます。もちろん既読はつきません。

またLINEのトーク一覧を開き、メッセージを確認したいトークルームで3D Touch(強く押し込む動作)を実施することでも同様に確認ができます。もちろん既読はつきません。

このワザの注意点として、そもそもiPhone 6S以降と対応機種が限定的であるのと、3D Touch(強く押し込む動作)は慣れるまで難しいため、操作ミスで既読がついてしまうリスクがあります。

 

ただ、うまく使いこなせば既読を付けずにLINEメッセージ内容を確認する最も優れた方法となるため、対応機種をお持ちであればぜひお試し下さい。

まとめ

さて、いかがでしょうか。

今回は、「LINEを既読つけずに読むには?iphone版!既読をつけない方法3選」というテーマで、お話しました。

正直、この既読をつけない便利な機能は賛否両論ということも。

これが果たしてどんな意味を持つのか、今一度考えて行動するのも大切ですね。

では、今回はこの辺で。

Happy!LINEでLOVE(⋈◍>◡<◍)。✧♡しよ

ためになっらプッシュしてね♡

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村


恋愛テクニックランキング